2018年03月5日

発想の転換で解決できる!美容室のリピート率を上げる効果的な方法

ホットペッパービューティーからの集客で、リピート率の低さに悩んでいる美容室さんも多いのではないでしょうか。実際、リピート率が低くて困っているという話はよく耳にします。

ということで今回は、美容室のリピート率を上げる効果的な方法をお伝えしたいと思います。リピート率の低さに悩んでいる美容室の方はぜひ参考にしてみてください。

美容室のリピート率を上げる効果的な方法

いきなり結論からいうと、”集めるお客さんの質を変えること” が美容室のリピート率を上げる最も効果的な方法です。

つまり、集めたお客さんをどうリピートさせるのか?ではく、リピートする客をどうやって集めるのか?という発想の転換が重要になります。

ということで、掘り下げて考えていきましょう。

なぜリピート率が悪くなってしまうのか考えてみよう

なぜリピートしてくれないのか?

リピートしない原因は、お客さんの満足度が低いからです。その他には、忘れられてしまっているっといったこともありますが、根本的な原因ではありません。

ぜひ逆の立場で考えてみてください。内容と料金に満足していたら、そう簡単に忘れることはありませんよね。満足していたら今後も普通にリピートしようと思います。

じゃあなぜ満足度が低くなるのか?

満足度が低くなる原因は、お客さんの求めるものと提供しているものがミスマッチを起こしているからです。例えば以下のようなミスマッチです。

  • イメージしていたスタイルと、実際の仕上がりが違った。
  • 安いから利用したが、さらに安いところをみつけた。
  • 予約できたのでスムーズに施術できると思っていたら、だいぶ待たされた。
  • 担当したスタイリストとフィーリングがあわなかった。
  • パーマ・縮毛矯正がすぐ取れた。

じゃあなぜミスマッチが起こるのか?

集めるお客さんが間違っているからです。そもそも集めるお客さんと、提供できるものが、はじめから違えばミスマッチが起こります。

(騙すようなことはしない。技術的に難しい施術は受けない。ということが大事です。)

つまり、リピート率が悪い根本的な原因は、集めるお客さんを間違っているということです。

集めるお客さんの質を変えていけば、リピート率は苦労することなく劇的に改善することができるということを理解しましょう。

(得意な施術だけに絞ってやれば、お客さんの満足度は高くなりリピートしてくれます。)

努力するなら正しい努力をしなければ意味ありません

美容室のリピート率を高めるための施策として、メール、LINE、はがき、ニュースレターなどで定期的にコンタクトしてコミュニケーションをとりましょうということがよくいわれます。

もちろんこれらは有効な方法で間違いではありません。

しかし、ちょっと冷静に考えてみてください。そもそもの満足度が低い相手にアプローチして意味あるでしょうか?

ぜひ逆の立場で考えてみてください。こっちは満足してないのに相手はアプローチしてくるのです。たぶんほとんどの人は無視すると思います。

お客さんの満足度を高めるための対策をしないで、コンタクトを取ることばかりに投資するのは間違った対策であることに気づきましょう。

リピート率を改善させるための正しい順番

リピート率を改善させるための方法には正しい順番があります。

  1. 集めたい客層を考える。
  2. 選んだ客層にアプローチして集客する。
  3. 満足度が高くなるようにサービス・接客の質を高める。
  4. 忘れられないように定期的にコンタクトを取る。

この順番を考えないで対策しても、ほとんど効果は得られません。満足度の低い相手をリピートさせることはできないというあたりまえを理解するべきです。

そもそもの満足度が低ければ、定期的にコンタクトを取っても意味はありません。かけるコストが無駄になるだけです。

リピートしてくれるお客さん(リピーター)を集める方法

集めたい客層に向けて一貫性のある情報発信をする

リピートしてくれるお客さん(リピーター)を集めるには、集めたい客層に向けて一貫性のある情報発信をすることです。ホームページ、ブログ、クーポンサイトでは、きちんと客層を決めて一貫性のある発信をしましょう。

一貫性のある情報発信をしてくと、ミスマッチが起こらなくなり、集めたいお客さんだけが高確率で集まるようになります。

すると、集客もしやすくなり、お客さんの満足度も高まってリピート率も改善されます。

リピートしやすい客層を狙う

また、はじめからリピートしやすい客層を狙うという視点も重要です。例えば以下のような方はリピートしやすい客層です。

  • 男性・メンズ客
  • 髪のパサつき・乾燥に悩んでいる人
  • クセ毛に悩んでいる人
  • 髪の傷みに悩んでいる人
  • 縮毛矯正・ストレートにしたい人
  • 髪が上手くまとまらないで悩んでいる人
  • 髪がペタンとなって悩んでいる人
  • 毛量が多すぎて悩んでいる人

つまり、男性客となんらかの悩みを持っている人です。

悩みを持っているお客さんは解決してあげるだけで、とても喜んでくれるので満足度が高いお客さんとなってリピートしやすいです。

また男性客は、一度決めたらあまり美容室を変えない傾向が強いので、最初に掴むことができるとリピートしてくれやすいです。

こういったお客さんはリピートしやすい客層なので、ホームページやブログでアプローチしていくとリピート客をたくさん集めることができます。

すぐ効果がでたよ!美容室にメンズ・男性客を低予算で集客した方法 / 美容室ビズ

フィーリングのあうお客さんを集める

フィーリングのあうお客さんは、リピーターになってくれやすいお客さんです。ぜひフィーリングのあうお客さんを集めることも意識しましょう。

フィーリングのあうお客さんは、人柄・価値観が伝わるプロフィールをつくることで集めることができます。

例えば、同じ出身地だったり、好きなアーティストが同じだったり、好きな映画、本、趣味が同じだったら、親近感・共感を感じませんか?

きっとほとんどの方は、少なからず同じような体験をしていると思います。それは人は共通点が多い相手と親近感・共感を感じる特性があるからです。

そのため、お客さんは自分との共通点をみつけたら、この人ならフィーリングがあいそうだと勝手に思ってくれるようになります。

(お客さんから好意的に話しかけることも多くなります。)

親近感・共感は安心感・好意・信頼に変わっていくタネなので、ぜひ、人柄・価値観を伝えるためのプロフィールをつくって、フィーリングのあうお客さんを集めましょう。

これはちょっとしたことですが、美容室のリピート率アップにはとても効果的な方法です。

価格の安さで集めたお客さんはリピートしにくい

価格の安さで集めたお客さんは、他に安い美容室をみつけると、すぐ安いほうに流れていきます。それは美容室を選ぶ際の基準、優先順位の1位が価格の安さだからです。

そのため、価格の安さで集めたお客さんはリピート率が悪い現実があります。

またホットペッパービューティーは、価格の安さで比較されやすい場所になっているので、他の集客方法と比べるとリピート率が悪くなる傾向があります。

(ホットペッパービューティーで初回クーポンだけを狙っていく人もたくさんいます。)

本格的にリピート率を高めていくことを考えるのであれば、ホットペッパービューティー以外の集客経路もつくることを考えましょう。

ホームページやブログで集客していくと、広告費を抑えることができて、リピート客も獲得しやすいので、かなり経営を安定させることができます。

まとめ

リピート率を上げるために最も効果的な方法は、”集めるお客さんの質”を変えることです。

そもそもの満足度が低いお客さんにコンタクトを取っても意味ないので、必ず、集めるお客さんの質を変えて、お客さんの満足度を高めることから優先的に取り組みましょう。

リピートしやすい客層やフィーリングのあうお客さんを積極的に狙っていくと、リピート率のアップに効果的です。

また、ホットペッパービューティーは価格の安さで比較されやすい場所になっているので、他の集客経路をつくっていくことをオススメします。

ホームページやブログで集客することも難しくないので、リピート率をアップしたい美容室はぜひ挑戦してみてくださいね。

知らなきゃヤバイ!美容室が新規顧客の集客に失敗してしまう3つの理由 / 美容室ビズ

集客できない。苦しい…。厳しい…。美容室の経営に失敗する人の特徴 / 美容室ビズ

ホットペッパービューティー依存から脱却できました。
美容室 ホームページ制作 / 美容室のネット集客に特化 / 美容室ビズ

広告費は1/4以下に、新規顧客の獲得単価は1/2以下になった事例

美容室のネット集客をお手伝いしています。
美容室 ホームページ制作 / 美容室のネット集客に特化 / 美容室ビズ

低予算でスタート・運営できます。
リスティング広告の運用をサポート。
集客するためのブログの書き方も学べます。

美容室 ホームページ制作・作成 / 美容室のネット集客に特化 / 美容室ビズ

集客のお悩み、なんでもお気軽にご質問ください。
LINEで質問する

どうやれば集客できるのか?ズバリお答えします。